« 「ポーション」 | トップページ | キズモノにしちゃった・・・ »

2006年3月11日 (土曜日)

充実した一日?

11月から美容院に行っていないので、伸び放題の私の髪。
縮毛矯正がかなり取れかかっているけど、金がないから今日はカットだけ。

その後浜松へ行き、なじみの店を見てまわったり、いつの間にか新しい店が出来ていたり・・・。
もちろん3月3日オープンの「べんがら横丁」も視察。
昼時を過ぎた14時30分なのに、ものすごい混みよう。
ってことで、何も食わずにさっさと素通り(^_^;)。
ヤマハミュージックが新装オープンらしかったので、これまた視察。
なんだか「浦島太郎」になった気分でした(笑)。

ある店でコレ↓を購入。
IMG_0226


実はコレが目的で街へ行った(^_^;)

このブログでも何回か出てきた「エウレカセブン」の主役機です。
もともとプラモデルが好きなので見つけた時は思わず、「生唾ごっくん」。
私は基本的に素組み・スミ入れしかしませんが、完成したらUPしますね。

家へ帰り、晩御飯は半田山に来ている「九一麺」へ。
060311_1904001



「博多明太子ラーメン」




「とんこつ=油ギッシュ」なイメージがあったんですが、意外とあっさり味でした。
それに明太子がまたイイ感じ。
生臭さが全然無くて、ペロリとたいらげました。
このとんこつなら、また食べに来てもいいなと思いました。

家へ帰り、映画を2本鑑賞。
まずは「ネバーランド
う~、やっぱりジョニー・デップかっこいいす!。
けど、「パイレーツオブカリビアン」のイメージが強すぎて、終始デップに見えなかった(汗)。
2つの家族を通して、「ピーターパン」が出来るまでが描かれます。
バリとデイヴィス家の交流が、見ていて不思議と心地よいんですよ。
その代わり、バリの奥さんは「女」としてちょっと可哀想だけど・・・。
最後は在り来たりな展開をしますが、観客に飽きさせない作り方で、カメラワークや情景がすごく良かったと思いました。

次に「シンデレラマン」。
家族持ちのボクサーが世界大恐慌のどん底からはい上がって、成功をつかむまでが本編で描かれています。
「グラディエーター」を見た時のラッセル・クロウは、ただの「マッチョおじさん」に見えましたが、この作品では過酷な状況下で家族を守るために必死に戦う「父」を演じてました。
先日見た「ミリオンダラーベイビー」と違って、光ある終わり方で良かったです。

どちらも実話に基づいて作られているようですが、いつの時代も人は「時代の流れ」に身を任せて生きているんだなぁ、と思いました(なんてね)。

« 「ポーション」 | トップページ | キズモノにしちゃった・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136963/9048617

この記事へのトラックバック一覧です: 充実した一日?:

« 「ポーション」 | トップページ | キズモノにしちゃった・・・ »