« 初滑り | トップページ | 悲しい仕事始め »

2010年1月 4日 (月曜日)

まだ若い

朝起きると全身が痛い、ヨシヨシ(笑)。

世間は今日から仕事始めですがわが社は6日から、あ~憂鬱。

ウィル・スミス主演の映画「七つの贈り物」を見ました。
ヒューマンドラマとしては良かったです、感動しました。映画の終焉に近づくにつれて一つ一つのピースが繋がる仕組みで、それまでの主人公の行動の意味が分かってくるので、2度見ることをおススメします。
以降ネタバレします。




でも“倫理”としてはどうかな~?と疑問が残ります。彼にとっては自分の“生”を他人にささげることで“贖罪”と考えているんでしょうけど、ほかに方法があったのでは?と・・・。
そうせざるを得ないほど思いつめていたけど、被害者から見れば自己満足でしかない。
悲しくて切なくて重い映画でした。

« 初滑り | トップページ | 悲しい仕事始め »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初滑り | トップページ | 悲しい仕事始め »