« 富幕山 | トップページ | 粟ケ岳 »

2020年5月16日 (土曜日)

暇だからスイーツ2:バスクチーズケーキ

雨が降っているので出掛ける気になれないし、まだコロナが油断ならないし。。。
ってことで最近人気のバスクチーズケーキを作ってみた。
ヨーロッパのバスク地方で食べられている、強めの焦がしを入れて香ばしく仕上げたベイクドチーズケーキ、らしい。

P_20200516_145615 材料
クリームチーズ、全卵、砂糖、ハチミツ、小麦粉、生クリーム

最近スーパーでクリームチーズを全然見かけない。コロナの影響かな?。仕方ないので小袋包装の物を買ってきて一つずつ開封。メンドー。
クリームチーズはレンチンして柔らかく。そうしないと固くて使い物にならない。
レシピでは上白糖のみだけど、私はハチミツも入れた。コクがでるからね。
手順は、砂糖、ハチミツ、溶いた全卵を2回に分けて、小麦粉、生クリームを順番に入れるたびによく混ぜること。以上!

P_20200516_154147 ウチには15センチ丸型がないので、アルミのパウンド型で代用。
水で濡らしたクッキングペーパーを敷く。結構ゆるい生地。オーブンは210度で予熱。
P_20200516_155139 210度で40分

P_20200516_163048 焼きあがり、ちょっと焼き過ぎかな?
というか、なんか餡子を塗ったくったように見える。。。
粗熱をとって、晩御飯のデザートとして切ってみた。
P_20200516_194757 焦げの部分、全然苦くない。香ばしくて大人の味。
なかなか美味し。
もう一つは冷蔵庫で冷やして食べてみよう。

« 富幕山 | トップページ | 粟ケ岳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富幕山 | トップページ | 粟ケ岳 »